契約、施工

契約、施工

「ウッドデッキを設置する業者が決まり、見積り内容にも納得した」という時には、
ここではじめて業者と契約を結ぶことになります。
契約時には、しっかりと契約内容なども確認していくことが大切ですよ。

 

では、ウッドデッキ施行時の契約や施工について、ご紹介しましょう。

 

まず、契約を行う際には契約書を交わすことになります。
多くの方は、この契約書の内容を細かくチェックしていないと思いますが、
トラブルを避けるためにもしっかりと契約内容を確認しておくことが必要となります。
契約時には、工事の工程表や図面の内容、
お支払い条件なども記載されていることになりますから、
これらの内容もしっかりと確認しておくことが大切。

 

万が一、「これって、どういうことだろう?」と思うような
疑問点や不安なことがある場合には、
この時にしっかりと確認するようにしましょう。

 

契約を交わした後は、工事工程通りに、施工がスタートします。
一般的には、施工スタート前に業者側からご近所の方へ挨拶を行うことになります。
マンションの場合には、木材の搬入などのためにエレベーターを使用することもありますから、
これらの確認なども業者の方で行ってくれますので安心ですよ。

 

ウッドデッキの施工の場合には、
通常の生活にはほとんど支障はないと思いますが、
施工時には音などが出てしまうこともありますから、
これらは事前に理解しておく必要があるでしょう。

 

このように、ウッドデッキの施工契約が結ばれれば、
そこから施工がはじまることになります。
「この日までに、どうしても施行を終わらせたい」と言った希望がある方は、
事前に伝えておくと良いですよ。